着物の染み抜きの仕方

着物を着て食事をした後などに、汚れがついてしまったことはありませんか。着物 染み抜きするには、なるべく早く処理することが大切です。まず、汚れが付いたことにすぐ気づいた場合は、ティッシュペーパーや手持ちのハンカチを軽く添えて吸わせるようにすると、綺麗に取れ、染み抜きの必要がありません。強くこすってしまうと、かえって繊維の中に深く入り込んでしまいます。また、飲食店等で出されるおしぼりは、殺菌のため化学処理されていることがあり、着物の生地を変色させてしまう恐れがありますので、使わないようにしましょう。
自宅で着物の染み抜き作業を行う場合には、染みが狭い範囲にとどまっている場合だけにしましょう。特にレンタル着物や絹地の高級な着物、水洗いできないウール地の場合は、自分で処理しようとせず、着物のクリーニングを行う専門店に相談して染み抜きをしてもらうようにしましょう。油性の汚れは、家で染み抜きをするには難しいため、水性の汚れに限定して行ってください。
綿や麻、ポリエステル等の丈夫で水洗いができるような生地の着物については、まず乾いた清潔なタオルを敷き、その上に着物を置いて水で濡らしたタオルを軽く叩くようにして、染みの原因を下のタオルに移すようにします。水で落ちない場合は、おしゃれ着洗剤を薄く溶かし、同様の作業を行います。綺麗に落とせたら、輪染みを作らないように、着物生地の上下を乾いたタオルで挟んで水気を吸い取り、ドライヤーで乾かすようにしましょう。着物用ハンガーに掛け、日陰で風通しの良い場所に干して完全に乾かすようにすれば大丈夫です。

Make a comment