着物で結婚式で行くときの注意点

結婚式に招待されたとき、ドレスを着て肌を露出させたくないときってありますよね。30代になると着物を着る方も多いと思いますが、結婚式に参列する場合はどの着物を着ても良いわけではありません。未婚女性の方が着ることの多い「振袖」は袖の長さによって大振袖・中振袖・小振袖に分かれます。大振袖は花嫁が着用する場合もあるので、中振袖を着ていくのがマナーです。小振袖は格式が低くなってしまうので、二次会パーティーや立食形式などのカジュアルな結婚式に向いています。
未婚・既婚にかかわらずどの場所に着ても良いのが「訪問着」ですが、振袖に比べるとかなり大人しい印象になってしまいますので、同行する参列者に合わせて華やかさを出したい場合は帯の結び方をふくら雀などボリュームのあるものにすると良いです。
「色留袖」は、裾部分に鮮やかな模様がほどこされた着物なので、テーブル席に座る形式の結婚式ではせっかくの華やかな模様が写真に残らない場合もあるので注意して下さい。
いずれの場合も新婦が和装になる場合は、色みがかぶらないように事前に確認するか、落ち着いた色の着物を選択するよう配慮するのがマナーです。赤・ピンク・白・ゴールド・黒が花嫁や近親者に多い色みかと思いますので、それ以外が良いかと思います。
http://kimono-news.jp/37/

Make a comment